パソコン買い替えを考えている時、特に初心者さんが迷ってしまうのが、オンラインゲームをするのにメーカー製のものかゲームPCどちらがいいのかというところ。メーカー製のものは大手家電量販店で販売されているもので、ゲームPCは主に通販で販売されているBTOパソコンのものです。

最近ではメーカーでもゲームに対応しているモデルがありますが、やはりBTOパソコンなどの専門店で取り扱っているゲームに特化したゲームPCと比べると性能は劣ります。メーカー製のパソコンは有名な会社ばかりなので安心感や信頼があり、店頭で実際に手に触れて購入できるメリットがあります。

一方、BTOパソコンは通信販売がメインなため、直接手に触れて購入できなかったり大手メーカーと比べると一般的に知名度が低いため不安を感じやすいです。しかし、BTOパソコンは自分でパーツをカスタマイズでき、自作PCと同じような自由さがあります。BTOゲームPCおすすめの理由として性能のわりに価格が安いというメリットがあります。また、店舗展開しているメーカーも増えてきています。ただ、品数は通販に比べると少なめです。

BTOパソコンのメリット・デメリット

BTOパソコンはオンランゲームなど様々なPCゲームに特化されており。ゲームに適した構成を考えて作られています。既存のモデルのメモリを増設したりグラボだけ高性能なものに変更したり自由にカスタマイズすることが可能です。自作キットなどもあるため、自作にチャレンジしたい人でも簡単に始められるのもBTOならではです。

大手メーカーのように不要な常駐ソフトがインストールされていることがないため、最初から快適な状態で使用することができます。ゲームPCゲームにも激安モデル、ゲーム推奨PC、ハイスペックモデルなど色々種類が豊富なため予算や用途にあったパソコンに出会えます。

デメリットはモデルによっては、パーツが固定されていて変更できないものもあります。その固定パーツの中に質の低いパーツが使われている恐れがあるというところです。CPUやグラボなどメインのパーツではこのようなことはありませんが、電源やマザーボードなど、初心者の人が気づきにくいパーツで使われていることがあります。それを避けるには、カスタマイズ画面で固定されているパーツが多いモデルはやめておいたほうがいいでしょう。

大手メーカー製パソコンのメリット・デメリット

先ほど言ったように、大手メーカー製のパソコンはCMでよく見かけたりなど有名なところが多いです。そのため、信頼性や安心感があります。大手家電量販店ではれば全国展開なのでどこでも購入することができますし、チラシでセール品を確認しやすいです。

ただ、3Dゲームなどは大量のマシンパワーが必要なため、高性能なグラフィックボードが搭載されているものでないと快適にプレイするのは難しいです。一般的に、パソコンを購入する人の多くは仕事や情報収集のために使用する人です。ゲーマーの人口はそれに比べて少ないため、家電量販店で取り扱っているパソコンはゲーム用途を考えて作られていないものがほとんどです。

また、不要な常駐ソフトが大量にインストールされており、アンインストールをするとPCの調子が悪くなり、リカバリーする必要がでたりと手間がかかりやすいです。BTOパソコンと比べると後からパーツの交換をすることもできないため、パーツ単体でアップグレードしたいと思っても、パソコン本体ごと買い換えないといけいなどコスパはよくないといえます。

コスパを考えるのであれば、BTOパソコンの購入をおすすめします。ゲーマーのほとんどはBTOパソコンのゲームPCを愛用している人が多いです。